腎臓病食を宅配食に変更するにはネットで口コミなどを参考に!

近年、腎臓の働きが悪くなる方が増加し問題となっています。尿をつくる臓器である腎臓は背中に左右一つずつ存在し体内で不要になった老廃物を体外へ排出する役割があり、その他、電解質の安定を保ったり、さらに血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の調整や赤血球の生成にも関わり、たいへん重要な働きを私たちの体の中で行っています。言うまでもなく、腎臓の治療は病院を来院し薬を飲んだり注射をしたりの対処も大切ですが、それ以前に、日頃の食生活習慣を見直すことが大事です。腎臓病のうち慢性腎臓病については、腎機能の修復が難しいので、徐々にカリウム排泄能力が低下していくことが多く、排泄能力を補うためにカリウムの摂取と排出のバランスが重要となり、カリウムの摂取量を確認し軽減する必要があります。一般的な野菜ジュースは、材料を濃縮し加工しているため、生野菜や素のままの果物に比べて含まれているカリウムが、間違いなく多量です。その影響で、腎機能が低下している患者さんが、普段からよく野菜ジュースを飲んでいると、さらに危険性のある高カリウム血症に陥る可能性が出てきます。腎臓の負担を軽くするためには、食塩制限が必要です。食塩摂取量は1日6g未満が適切とされています。市販で見かける加工品や塩蔵品をさけて、なるべく生の食品を選びましょう。毎日の料理には、天然のだしを使ってみましょう。食材の味を楽しむことができます。肉・魚・卵・大豆製品・乳製品には、たんぱく質が多く含まれます。これらのたんぱく質を含んだ食品以外でも、たんぱく質制限が必要な方用に市販でも購入できる「低たんぱく質食品」があります。目的に応じて、使い方などは管理栄養士に相談してください。薬物療法と食事療法がCKD治療の要となり、これらの積極的な管理がCKDの進行を抑制します。食事療法は減塩・蛋白制限が主となり、減塩食は高血圧治療を容易にして、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。CKDステージ3においては減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日がふさわしいとされていますが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、いわゆる蛋白制限食は不味い、栄養が足りないなどという意見で、実行に移せない方がたくさんいます。腎臓の形はというとソラマメに似ていて腰の辺りに左右1個ずつあります。糸球体という小さな血管がありますが、腎臓にはこれがあまた密集している場所でもあります。腎臓の主なメカニズムとして、たんぱく質の代謝の際に生じる不要なもの、いわゆる血中の老廃物や毒素を尿の中に排出します。体内にある電解質といわれるものの濃度を一定に保ったり、赤血球を作るホルモンや血圧調整、骨の代謝に関連したホルモンを形成するなど重要な役割を担っています。日々の食事ではいったい何をどれくらい食べたらよいか、具体的な献立の工夫や、各々に応じた食塩の抑え方などを指導します。治療用特殊食品の使用は、低たんぱく食事療法の基本となりますので、それらの種類にはどんなものがあるのかや、その使い方なども教えます。実際に患者さんがどの程度のたんぱく質や食塩を摂取しているかをチェックします。日中の排泄物の検査ののち、摂取量を算出します。尿素窒素やナトリウムが尿へ排泄されるので、一日分を調べることによって、体内へのたんぱく質や食塩の摂取量を理解することができます。理想的な蛋白摂取量は、体重1kgあたり大体0.8gとされています。仮に標準体重を約60kgとすれば、一日に必要な蛋白摂取量は単純計算で、約50gです。食品における蛋白含有量を知りたければ食品標準成分表で調べてみるとよいでしょう。これらの食事療法については、栄養士からの食事指導でいろいろと工夫してやっていけます。もし開業医さんで食事指導まで行き届かない場合は、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、専門的意見を頂くこともよいと思います。腎臓の機能は一度失われると、健康体へもどることが難しく悪化すれば慢性腎不全になります。ですが、医療技術の進歩によって最近では早期治療を早めることで、腎臓の機能低下を最小限に抑えたり、遅らせることができるようになりました。もし、末期の腎不全になったとしても、昨今では透析療法や移植にとどまらずますます治療法も増加しており、患者自身の現状に照らし合わせた治療を見つけることが可能です。腎臓病の種類には遺伝因子からくる腎炎から、感染などで後天的に起こるものまでさまざまですが、健康診断を習慣化し、普段からマイペースなリズムで生活することによって健康的な生活を維持することが可能になります。けれども、ある腎臓病に関しては自己判断が難しいものもあるので、常日頃の健康管理が大事です。日常生活の中で普段と違う尿が出た場合は、まずは医療機関での受診を優先しましょう。腎臓は働きが弱くなると病状が進んで腎不全へと推移します。腎不全には、腎臓の機能低下が著しい急性腎不全と、長期間にわたりじっくりと肝臓を蝕む慢性腎不全があります。急性腎不全においては、的確な治療と容体が悪くなった原因を理解・解決することによって、本来の腎機能を取り戻す可能性があります。ただ、慢性腎不全に至っては病状の進み具合によって徐々に腎臓の機能が損なわれ、回復の見込みはありません。続きはこちら>>>>>腎臓病食 宅配 口コミ