クレアチニンを下げることは難しいので現状維持を考えること

腎臓の負担を軽減するためには、減塩することが大事です。食塩摂取の適量は、一日6g未満とされています。一般で目にする加工品や塩分多めの食品よりも、生の食品を摂りましょう。煮物や汁物などは、天然のだしを聴かせましょう。薄味でもおいしく食べることができます。食べ物の中にはたんぱく質が多く含まれる食品、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。これらのたんぱく質を含んだ食品以外でも、たんぱく質制限が必要な方用に「低たんぱく質食品」が市販されています。目的に応じて、使い方などは管理栄養士に相談して下さい。腎臓病にはDNAに起因する腎炎から、感染などで後天的に起こるものまでさまざまですが、日頃から健康診断を怠らないようにし、治療と症状を悪化指せない生活を心がけることでいつ持と変わらない健やかな生活を送ることができます。ところが、腎臓病の中には結構進行するまで自己判断が難しいものもあるので、常日頃の健康管理が大事です。尿に違和感があった際には、医師の診断を仰ぎ自己判断を避けましょう。CKD治療の柱は薬物治療と食事療法になり、CKDの進行を食い止めるためにもこれらの管理を果敢に行なうことが大事です。そのための食事療法は減塩・蛋白制限がメインとなり、減塩食については、高血圧の治療を容易にし、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されています。CKDステージ3に対する推奨は、減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日ですが、これは日本人の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半分であるために、いわゆる蛋白制限食は不味い、その他にもカロリーが不足するなどで、実行に移せない方がたくさんいます。腎臓機能が低下し腎臓病が悪化してくると腎不全といわれる状態になります。その腎不全には、急性に属する急性腎不全と、数か月から数十年の長い年月をかけて腎臓の働きがゆっくりと悪くなる慢性腎不全があります。急性腎不全においては、的確な治療と容体が悪くなった原因を理解・解決することによって、健康な状態への回復が期待できます。一方、慢性腎不全では腎不全の進行に伴って徐々に腎臓の機能が損なわれ、回復の見込みはありません。近年の問題として、腎機能を悪くする方の増加が挙げられます。腎臓は尿を創る臓器で背中に二つあって体内で不要になった老廃物を体外へ排出する役割があり、電解質のバランスを整えたり、血液に対して酸性への偏りを防いだり、血圧の調整や赤血球の生成にも関わり、私たちの体のために重要な役割を担っています。腎臓に関する治療は病院に行って相応の対処も必要ですが、日々の食事や生活の習慣を見直すことが不可欠です。日常の食生活において何をどのくらい摂取すればよいのか、食事のメニュー(献立や予定している内容、操作項目などのことです)はどのようにしたらよいか、さらに食塩の軽減対策などを指導します。主要な低たんぱく食事療法は、治療用特殊食品の使用が要となりますから、それに必要な紹介や説明もしていきます。患者さんが実際にどれくらいのたんぱく質や食塩の摂取量を確かめます。日中の排泄物の検査ののち、摂取量を算出します。尿素窒素やナトリウムが尿へ排泄されるので、一日分を調べることによって、体内へのたんぱく質や食塩の摂取量を理解することができます。健康な腎臓機能でなくなると、健康体へもどることが難しく悪化すれば慢性腎不全になります。ですが、医療技術の進歩によって最近では早期治療を早めることで、腎臓の機能の低下を防いだり、悪化を食い止めることも不可能ではありません。病状が末期腎不全に推移しても回復の見込みを著しく悲観することはなく、昨今では透析療法や移植にとどまらず多種いろいろな治療法も増加傾向にあるので、各々の条件に適した治療を受けることができます。腎臓の形はというとソラマメに似ていてちょうど腰の辺りに左右1個ずつあります。腎臓は糸球体という小さな血管が無数に存在するのです。この腎臓の主な働きはというと、たんぱく質の代謝によって生じた血液の中のいらないもの、老廃物や毒素といったものを尿の中に排出します。体内の電解質の濃度を一定に持続したり、または、赤血球を作るホルモンや血圧のバランスをキープしたり、骨組織に必要なホルモンを造り出すなどの重要な役割を担っています。理想的な蛋白摂取量は、体重1kgあたり大体0.8gとされています。60kg前後を標準体重とすると、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。食品に含まれている蛋白の量については食品標準成分表で確認できます。蛋白量に関する食事療法については、栄養士の指導でいろいろと工夫してやっていけます。開業医さんで食事指導を受けられないときは、近隣に腎臓内科のある病院がないか訊ねて紹介してもらい、専門的意見を頂くこともよいと思います。慢性腎臓病の場合、腎機能が元の状態に回復することはほどんどないため、大抵は体内のカリウムを排泄する働きが低下していき、排泄能力を補うためにカリウムの摂取と排出のバランスが重要となり、カリウム摂取を減らす必要があります。濃縮加工した野菜ジュースは、生の野菜や生の果物と違って多量のカリウムが含まれています。そのため、腎機能障害のある患者さんが、普段からよく野菜ジュースを飲んでいると、高カリウム血症を発症する危険が高まります。参考にしたサイト⇒クレアチニン 下げる